TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
深視力検査の練習について
深視力って、何ですか?

良く質問されます。

視力とは、右目と左目がそれぞれピントを正しく合わせてハッキリ見る能力のことです。

そして、深視力とは両目で対象物を見て立体的にとらえる能力です。

対向車線を並んで走る普通車とトラックはどちらが手前にあるかなどという遠近感、このままカーブを曲がっても、ポールに接触するかどうかを判断するなどの立体感の能力のことです。



大型免許や第二種免許の取得の際には必ず検査があります。

どのような検査かと言うと

深視力検査も、同じようにのぞき窓から中を見て検査します。
中には、3本の棒が立っています。
両側の2本の棒は固定されていて動きません。
中央の棒が前後に動きます。
検査官が中央の棒を前後に動かします。
この中央の棒が、両側の2本の棒と同じ位置に来たときにボタンを押します。(3本が並んだ時に押す)
この検査を3回行い、平均誤差が2cm以内(3回の合計誤差が6cm以内)であれば合格です。
簡単な検査ですが、苦戦したり、合格しない人も多いのです。


以下の3つが、深視力検査に苦戦する主な原因だと考えれます。

1.視力が正しく矯正できておらず、3つの棒がハッキリ見えていない
2.両眼視機能(遠近感や立体感を判断する機能)が低下している
3.検査に不慣れで要領が悪い

1に関しては、近視・遠視・乱視の影響で棒がはっきりと見えていない状態です。しっかりとメガネ屋さんでメガネを合わせてもらいましょう。

2.は、両眼視機能に問題がある場合です。矯正できる場合とできない場合があります。眼科で精密な両眼視機能の検査をする必要があります。深視力検査にどうしても合格できない方は、眼科で相談してください。

3.視力にも両眼視機能にも問題がない場合に、このケースが意外と多いようです。深視力検査を経験することがないので要領が悪く、予想外に合格率が低いようです。練習でコツを飲み込めばいいのでしょう。

でも練習をするところなんてあるのか???

そんな声をお客様からお聞きしたのでおしゃれメガネのオガタでは深視力測定の練習ができます。

もしお近くでお困りの方がいらっしゃいましたら、どうぞ足を運んでみて下さい。

1000円で練習とアドバイスをさせていただいています。
スポンサーサイト
[2010/02/02 12:06] | 深視力の練習 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
深視力とは!!!???
深視力とは、「視力」と名が付いていますが、一般的に言われる視力とは違い、両眼視機能と呼ばれる眼の能力のうち、遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力のことです。


一般的に「視力」というとどれだけよく見えるかをいいますが、深視力は、両眼視機能と呼ばれる眼の「遠近感や立体感を感じる能力」のことです。


大型免許、二種免許の取得・更新時に深視力検査が必要になります。


深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法で行われます。

検査の流れ
1.箱の中にある棒の動きを見ます。
2.3本の棒のうち中央の棒が手前から奥へ、あるいは奥から手前に動くのを見ます。
3.3つの棒が並んだと思ったら、ボタンを押して棒の動きを止める。
4.その3本の並び具合で、その人の遠近感を検査する。
深視力測定機


人間の眼は左右二つありますが、通常はそれを意識することなく一つの絵として見ております。
右目と左目の位置違いがありますので、同一の物体を見たときには両方の眼の像には微妙なズレが生じます。

それを一つの像として処理する際に、距離感が得られるという仕組みになっています。
広い空間の中で対象の位置関係を認識するということはサッカーなどのスポーツで特に要求される能力と言えるかもしれません。



『遠近感をどれだけ正確に見ているか』を調べるのが、深視力検査です。
[2010/01/12 15:46] | 深視力とは何か | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。